入居までの流れ

>

入居までの流れ

物件探しから入居開始までの流れ・オフ賃貸の各サービスご利用方法をご説明します。

初めて一人暮らしする方やお部屋探し初心者の方でもわかりやすいようご説明しておりますが、わからないことや気になることがありましたらお気軽にオフ賃貸までお問い合わせください。

入居申込みから入居開始までは審査やリフォーム・鍵交換作業などの時間がかかります。

入居開始予定日の1~2カ月程度前には入居申込みができるよう余裕をもって行動することをおすすめします

1.物件探し

スーモ・ホームズなどで物件を探そう

まずは賃貸物件探しからスタートします。お客様ご自身でお部屋探しをされる時はスーモやホームズなどの賃貸ポータルサイトで探すと便利です。賃貸ポータルサイトは多数ありますので、代表的なサイトを以下にご紹介します。

サイト名 特徴
スーモ(SUUMO)オススメ リクルートが運営するポータルサイト。物件写真や情報が豊富でおすすめ。新鮮な情報が多くおとり広告は少ない。
ホームズ(LIFULL HOME’S)オススメ 知名度が高く物件掲載数も多い。スーモとホームズを見れば大体の物件情報は網羅できる。
スマイティ カカクコムが運営するサイト。掲載物件数は多い。
アットホーム 学生向けの物件検索システムがあり利用しやすい。事務所・テナントなど事業用物件も多い。
CHINTAI 老舗の賃貸ポータルサイト。CMが多く知名度は高い。
スモッカ キャッシュバックキャンペーン(2020年5月時点)を実施しているが特定の不動産会社での契約することや長文アンケートが必要等の条件あり。契約する不動産会社で仲介手数料が発生した場合、総合的にお得なのかチェック必要。
Yahoo不動産 掲載数は非常に多いが情報更新されていない可能性があるため現在入居可能か確認する必要あり。
オウチーノ 画面が見やすく、お部屋探し初心者でも使いやすい。
いえらぶ キャッシュバックキャンペーン(2020年5月時点)を実施しているが抽選であったり、アンケート記入やウォーターサーバー契約が必要などの条件あり。

おすすめの賃貸ポータルサイト

マンション・アパートや戸建など居住用賃貸物件は、多くの不動産会社が「スーモ」または「ホームズ」で掲載しており物件数も豊富です。よって、スーモまたはホームズで物件探しをすることで大体の物件情報を網羅することができます。

オフィス・事務所やテナント・店舗など事業用賃貸物件を探す際は「アットホーム」もおすすめです。

「スモッカ」や「いえらぶ」など新興の賃貸ポータルサイトはキャッシュバックキャンペーンなどを実施している事がありますが、付帯サービスの契約などが条件となっていることがあり結局は損ということにもなりかねませんので注意してください。また、「掲載不動産会社で賃貸契約をすること」が条件となっていることが多く、仲介手数料が発生した場合は結局として損する可能性があります。

仲介手数料無料&キャッシュバック診断

賃貸のお申込みはポータルサイト記載の取扱店舗以外でもできます。

賃貸ポータルサイトに掲載されている物件の多くは、各物件の掲載ページに記載されている取扱い店でなくても取り扱うことができます。

ほとんどの不動産会社は家賃の1カ月分+税程度の「仲介手数料」が必要となり、取扱い店でそのまま入居申込みをしてしまったら初期費用が高くなってしまう恐れがあります

オフ賃貸なら多くの物件で仲介手数料無料でご案内することができる上、キャッシュバック制度も実施しています。つまり、オフ賃貸で入居申込みをするだけで初期費用が大幅に安くなります!

オフ賃貸の「仲介手数料無料&キャッシュバック診断」で初期費用が安くなるか簡単にチェックすることができるので、気になる賃貸物件を見つけたらまずは仲介手数料&キャッシュバック診断を受けてみましょう!

仲介料0円・キャッシュバック診断はこちら

お部屋探しはオフ賃貸にお任せ

お部屋探しをするのが面倒・時間が無いという人はオフ賃貸にお任せください!オフ賃貸でお部屋探しをする時は「物件情報取得フォーム」で最新の賃貸物件情報が簡単に取得できます。物件情報取得フォームならSUUMOやHOME’Sなどに掲載されていない賃貸物件も探すことができます

最新物件情報取得はこちら

2.内見

気になる物件を見つけたら、実際にお部屋の中を内見しましょう。賃貸物件は図面などの資料だけを見るのではなく実際にお部屋を見に行くことが大切です。

物件の内見にはお部屋のチェックポイントに精通しているオフ賃貸の担当者が同行します。お部屋の内覧時に気になることがあればお気軽に担当者にお聞きください。

遠方にお住まいの方や内見する時間が無いという方は、オフ賃貸の「物件写真取得サービス」または「オンライン内見サービス」をご利用ください。これらのサービスを利用することで現地に行かなくとも内見ができます。

サービス名 内容 メリット
物件写真取得サービス オススメ 物件の高精度写真・360℃画像が取得できる。
  • 時間に縛られない
  • 高精度写真で物件の詳細が分かりやすい
  • 360℃画像で室内イメージがしやすい
オンライン内見サービス ビデオアプリを通じ担当者とリアルタイムで物件を内見できる。
  • 気になることはすぐに担当者に確認できる
  • リアルタイムでアドバイスが受けられる

物件写真取得サービス

オンライン内見サービス|現地に行かなくてもお部屋を内覧できる

3.入居申込み(部屋止め)

賃貸は早い者勝ち

借りたい物件が決まりましたら、家主・管理会社に「入居申込み」を行います。入居申込みは家主・管理会社に所定の入居申込書を送ることで行います。

入居申込みは速やかに行うことが大切です。何故なら入居申込みの先着順で入居審査されますので、他の人が先に入居申込みをしてしまうとその人が審査に落ちない限りその物件を借りることができなくなるからです。逆を言えば、他の人に先んじて入居申込みを行うことで他の人に賃貸物件を取られてしまうリスクを避けられます(=部屋止め)。

入居申込みが入るまでは賃貸物件の入居募集が広く行われている状況であり、借りたい物件を見つけても「入居申込みするか悩んでる間に他の人に入居申込みをされて借りれなくなってしまった」というのはよくある事なので注意が必要です。

連帯保証人が必要な賃貸物件においては、入居申込書に連帯保証人についての記入があるので連帯保証人になって頂く人にあらかじめ承諾を取っておくことが必要です。

4.入居審査

入居申込みを行った後は、家主・家賃保証会社による入居審査が行われます。入居審査の目的は「申込人にこの物件を貸しても本当に大丈夫なのか?」ということ、つまり入居者の信頼性を判断することです。入居者の信頼性を判断する上で主に重要なのは「家賃支払い能力(=収入)」「家賃滞納歴」であり、入居審査はこの2つのポイントを中心に審査されます。

家主や家賃保証会社が最も恐れるのは家賃が回収できなくなることです。「家賃を払っていける収入はあるか?」「家賃の滞納歴はないか?」ということをチェックされます。

また、入居審査においては入居者の「人柄」についてもチェックされます。賃貸契約は一時的なものではなく継続的なものであり、家主・管理会社・近隣住民とトラブルを起こす心配はないか確認する必要があるからです。不動産会社・家主・管理会社・家賃保証会社に対しては以下の事に注意して接するようにしましょう。

  • 言動に注意し、粗暴・不遜な態度をとらないこと
  • 商談・面会の際は服装・容姿に注意すること
  • 清潔感を意識すること
  • 過度な値引き・契約条件の変更を要求しないこと
  • 相手の話はしっかり聞くこと
  • 騒音の激しい改造車で来ないこと

入居審査の必要書類

入居審査時において一般的に要求される必要書類は以下の通りです。

入居者・保証人 必要書類
会社員など 本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)の写し■収入証明書(源泉徴収票・給与明細など)■預金通帳の写し■住民票■印鑑証明書
個人事業主・フリーランス 本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)の写し■確定申告書の写し(直近1~3年分程度)■預金通帳の写し■住民票■印鑑証明書
法人 履歴事項全部証明書(会社謄本)■会社案内(HPの写しなど)■決算報告書(貸借対照表・損益計算書など直近1~3期分)■事業計画書(設立後間もない場合)■納税証明書■代表取締役の本人確認書類■代表取締役の職歴書■代表取締役の収入証明書(確定申告書の写し・課税証明など)
連帯保証人 本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)の写し■収入証明書(源泉徴収票・給与明細・確定申告書の写しなど)■印鑑証明書

入居審査の基準は家主・家賃保証会社によって大きく異なります。審査が厳格な場合もあれば緩い場合もあります。審査が緩いところは上記の一部の書類提出だけで良いことが多く、審査が厳格な場合は複数の書類提出や別途資料を求められることがあります。

尚、上記で赤文字の書類はほとんどの場合で必要となるものです。あらかじめご用意頂くと審査がスムーズに進みます。

入居審査の日数

入居審査に要する日数は物件によって異なりますが、概ね3~10日間程度です。

審査途中で追加資料の提出を求められることがあります。必要書類を用意できないと審査が進みませんので、要求された必要書類は速やかに提出頂くと審査がスムーズに進みます。

また、入居者や連帯保証人に審査人から確認の電話が入ります。確認電話を受電できないと審査が滞りますので、審査人からの電話はすぐに出るようにしましょう。

無職・無収入でも入居審査は通る?

入居審査は入居者の家賃支払い能力を重視した審査のため、安定した収入がある人に比べ無職や無収入の人は審査に落ちやすいです。ただし、無職・無収入の人でも絶対に入居審査に通らないということはありません。

無職・無収入の人が入居審査に通りやすくするポイントは以下の通りです。

  • 学生や転職前など現在無収入である理由を明確にすること
  • 自分名義の預貯金に家賃の2年分以上の残高があること
  • 収入が安定している保証人を立てること
  • 家賃保証会社を利用すること
  • 家賃が安い賃貸物件を選ぶこと
  • 家賃の前払い条件で契約できる物件を選ぶこと

入居審査通過後にやっておくこと

入居審査に通過したら入居予定日に合わせ引っ越し手続きや電気・ガス・水道の開通手続きを進めておくことをおすすめします。

また、引っ越しの場合は現在お住まいの賃貸物件の解約手続きや電気・ガス・水道の解約手続きも必要です。

スムーズに入居できるように各種手続きは同時並行で行うようにしましょう。

5.重要事項説明

入居審査に通れば契約手続きに入ります。契約に先立ち、重要事項説明を行います。

重要事項説明は国家資格である宅地建物取引士が借主(契約者)に対し賃貸物件の詳細や契約内容について重要項目を説明することであり、法律によって義務付けられているものですので省略することはできません

重要事項説明は宅地建物取引士が契約者に対し口頭で説明し、重要事項説明書への署名捺印して頂く流れとなります。印鑑が必要となりますのでご用意ください。

契約者の代理人でも重要事項説明を受けて頂くことは可能ですが、その場合は「代理人の本人確認書類の写し」「契約者からの代理委任状(印鑑証明と同一の印鑑にて押印必要)」「契約者・代理人双方の印鑑証明書」が必要となります。

重要事項説明は日時を予約し、来店または出張対応で行います。遠方にお住まいの方で来店ができない場合は「IT重説サービス」をご利用ください。

IT重説|来店不要で入居手続きができます

6.契約書等の記入・初期費用お支払い

契約書等が準備できましたら契約者様にお渡しします(通常は重要事項説明時にお渡しします)。契約書等を受領されたら、契約者様・保証人様にてご記入・御捺印頂いた上でオフ賃貸までご返送して頂きます。

合わせて、賃貸契約の初期費用をお支払い頂きます。物件によっては鍵交換やリフォームの作業が必要となり、これらの作業は初期費用の入金確認後に行われる場合が多いです。そのため、初期費用のお支払いが入居開始予定日直前になると予定日に入居できなくなる場合がありますので、入居審査通過後の早い段階で初期費用をお支払い頂くことをおすすめします。

7.入居開始

入居開始日になりましたら鍵をお渡しし、入居開始となります。

新生活をお楽しみください!

オフ賃貸へのお問い合わせ

大阪で物件を借りるなら初期費用が安いオフ賃貸

仲介料0円

一般的な賃貸仲介サービスで必要な仲介料が0円。初期費用が大幅に安くなります。

キャッシュバック

豊富なキャッシュバックキャンペーンを実施中。仲介手数料無料と合わせてもっとお得に。

家賃減額・条件交渉

家賃・賃料の減額や保証人不要、フリーレントなど条件交渉もお任せ。借主様視点で積極的に交渉します。

大阪以外の賃貸物件もOK

大阪・兵庫・京都など関西圏の物件以外にも全国の賃貸物件をご紹介できます。

来店不要でお部屋探し

出張相談やオンライン内見・IT重説サービスに無料対応。来店不要で内覧・入居手続き可能。

売買・管理もお任せ

中古マンションや収益物件の売買・管理もお任せ。不動産の総合プロデュースサービスを提供します。

オフ賃貸へのアクセス

オフ賃貸は仲介手数料無料&キャッシュバックで初期費用を大幅に安くし、皆様に喜ばれる賃貸サービスを提供しています。大阪を中心に全国物件に対応しています。

タワーマンション等の高級賃貸物件からワンルームアパートまでお客様のご希望に合う賃貸物件をご紹介します。テナント・事務所など事業物件を借りたい方もお任せください。

オフ賃貸にご来店の際は必ずお電話にて来店予約をお取りください。

会社情報 オフ賃貸 心斎橋(長堀橋)店【イーメリット(株)】
所在地 〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-4-1  オリエンタル東心斎橋ビル1F
電話番号 06-7777-0395
営業時間 10:00~21:00(定休:水曜日※事前相談で対応可)
最寄り駅
  • 長堀橋駅7番口直結
  • 心斎橋駅5番口から徒歩5分
  • 日本橋駅2番口から徒歩9分
  • なんば駅14番口から徒歩14分
アクセス 各駅からのルート・アクセス詳細はこちら