200Vエアコン設置可能な賃貸物件の見分け方

>

200Vエアコンのメリット・設置可能な賃貸マンション・アパートの見分け方

家庭用エアコンは「100V」と「200V」の2つのタイプがあります。冷房・暖房の効率が良いのは200Vタイプであり、広いお部屋では200Vエアコンを設置することをおすすめします。ただし、200Vエアコンはどんな賃貸マンション・アパートでも使用することができるわけではありません。賃貸マンション・アパートに200Vエアコンを設置するには、電気系統やブレーカーが200Vに対応している必要があります。

このページでは200Vエアコンと100Vエアコンの違い・200Vエアコンが設置可能な賃貸マンション・アパートの見分け方についてご説明します。

200V・100Vエアコンの違い

エアコン100Vと200Vの違い

200V・100Vエアコンの違いは単純にV(=ボルト)数の違いです。ボルトは電圧であり、電圧が高いとたくさんの電力を流すことができます。ひらたく言えば、「電圧が高い程ハイパワーになる」ということです。200Vエアコンは100Vエアコンよりもハイパワーで冷暖房の効率が良く、短時間で指定温度に到達します。部屋が広くなればなるほど、200Vエアコンの効果は高まります。一般的には14畳以上なら200Vエアコンが必要といわれています。

電気代はさほど変わらない

「200Vエアコンはハイパワーだけど電気代が高いんじゃないの?」と心配される人もいますが、結論を言うと100Vエアコンと200Vエアコンは電気代はさほど変わりません。なぜなら、電気代を左右するのは「消費電力(W)」だからです。消費電力はエアコンごとに決まっており、消費電力が同じであれば100Vでも200Vでも消費電力は変わりません。

電力の計算式は「電圧(V)×電流(A)」です。消費電力が同じであれば電圧が変わっても電流量が変化するだけです。例として消費電力500Wのエアコンで100V・200Vで比較してみましょう。

  • 100Vエアコンの場合:100V×5A=500W
  • 200Vエアコンの場合:200V×2.5A=500W

つまり、200Vエアコンは100Vエアコンに対し電流量が半分になるということです。繰り返しますが、電気代を左右するのは電力量であり電流量が変わったところで電力が同じならば電気代は変わらないのです。

200Vエアコンの方がコスパが良いことも

電気代を左右するのは電力(W)であり、電圧が変わったところで消費電力が同じであれば電気代はさほど変わらないと説明しましたが、これは別の視点で言えば電圧が高いほど少ない電流で電力が得られる(=効率が上がる)ことになり、よりハイパワーになるということを意味します。つまり、ハイパワーになればなるほど短時間で目的の室温に到達できるということです。現在のエアコンのほとんどは温度センサーがついており、設定された室温に達したら低出力で動作します。言い換えれば、設定室温に達するまでが電気代が高く到達後は電気代が安くなるということです。

200Vエアコンは100Vエアコンよりも高出力なので、設定温度により早く到達します。逆に言えば、100Vエアコンは200Vエアコンよりも設定温度に達するまでの時間が長く、その分コスパが悪くなりやすいということです。これは部屋の大きさが広いほど顕著に差が出ます。

14畳以上の広いお部屋は200Vエアコンがおすすめ

部屋が広いとエアコンの冷暖房効率が重要になりますので、よりハイパワーなエアコンが必要です。つまり、部屋が広ければ広い程200Vエアコンが必要となるということです。14畳以上の広いお部屋・リビングには200Vエアコンをおすすめします。16畳以上だと100Vエアコンではパワー不足でおすすめできません。

もちろん、6畳などの小さい部屋でも200Vエアコンの方が効率よく希望の室温に到達しますのでおすすめです。

200Vエアコン設置可能な賃貸住宅の見分け方

200Vエアコンの方が100Vエアコンよりも「電気代はさほど変わらなく効率的に冷暖房できる」ということをご説明しましたが、200Vエアコンはどのような物件でも設置できるわけではないので注意が必要です。200Vエアコンを設置するには、エアコンの電気系統が200Vに対応している必要があります。賃貸マンション・アパートによっては100Vエアコンしか設置できない物件も多くありますので注意が必要です。特に、築古物件では200V対応の電気工事を行っていない物件も多くあります。

ここでは200Vエアコンが設置可能な賃貸住宅の見分け方についてご説明します。お部屋を借りてから「200Vエアコンを付けたいのに付けられない!」と後悔する前に、内見時に忘れずにチェックするようにしましょう。

エアコン用のコンセントを確認する

エアコンコンセント形状の見分け方

賃貸マンション・アパートが200Vエアコン対応かどうかを簡単に判断するには、エアコン用コンセントの形状を見てみることです。100Vと200Vではエアコンコンセント穴の形状が違います。100Vエアコンのコンセントは一般的なコンセントと同じく「縦2つ」または「縦1つ・L字または逆“ト”時1つ」です。一方、200Vエアコンのコンセントは「横2つ」または「横1つ・L字1つ」となっています。それぞれのコンセントにはアース穴がついていることもあります。上の図を参考に内見時に見比べてください。

コンセント穴の形状が使用したいエアコンのコンセント形状と異なっていても、200V用のコンセント交換工事で対応可能です。その際は室内の電圧が200Vに対応していることが条件ですので、次の「ブレーカーを確認する」を参照してください。

ブレーカーを確認する

エアコンコンセントが100Vタイプの形状であったとしても、エアコン電気系統は200Vに対応している場合があります。前に設置されていたエアコンが100Vタイプだった場合、そのようなことが起こり得ます。その場合、200Vエアコンが設置可能かどうかの確認方法として、賃貸マンション・アパートに設置されているブレーカー(分電盤)を確認することです。200Vエアコンが設置可能なブレーカーのチェックポイントは以下の3つです。ブレーカーのカバーを取り外す必要がありますので、感電防止のため全ての電気回路をカットした上で確認してください

赤・白・黒の3つの配線がある(単相3線式)

単相3線式

ブレーカーの配線が「赤(またはピンク)・白・黒」の3つの配線があることを確認しましょう。これは単相3線式と呼ばれ200Vエアコンを使用するには必要条件となります。「白・黒」の配線しかない単相2線式の場合は100Vエアコンまでしか使用できません。単相2線式の場合、200Vを使用するためには電気工事が必要となります。

契約電気容量が30A以上あること

契約電気容量(契約アンペア)30A以上

契約電気容量が「30A」以上あることを確認しましょう。契約電気容量とは各戸ごとに電力会社と契約している最大電気容量(A)のことで契約アンペアとも呼ばれます。契約電気容量が30A以上ないと安定的にエアコンを使用することができません。30A未満の場合、電力会社との契約変更およびブレーカー交換工事が必要となります。

エアコン専用回路があること

エアコン専用回路

ブレーカーには複数の電気回路があります。この回路内でエアコン専用回路があるか確認しましょう。通常、エアコン専用回路がある場合は「エアコン」「クーラー」などと表記されているはずです。表記されていない場合は不動産会社・管理会社に確認しましょう。万一、エアコン専用回路が無い場合は空き回路があるか確認してください。空き回路がある場合はエアコン専用回路を増設することができます。

エアコン設置済みの場合は本体を確認する

エアコン定格電圧が200Vであることを確認する

エアコン付き物件など入居前からエアコンが設置されている場合は「設備(=家主の所有物)」となり、入居者が勝手に交換することはできず入居後はそのエアコンを使用することとなります。そのため、広い部屋を借りる場合などは備え付けのエアコンが200V対応なのか確認することをおすすめします。備え付けエアコンが200Vタイプなのかはエアコン本体の型式表記を見ればわかります。型式表記にはエアコンのスペック概要が記載されており、その中に「定格電圧」が記載されているはずです。定格電圧が200Vなら200Vタイプのエアコンとなります。

また、スペックには適用畳数も記載されているはずです。家主・管理会社がコスト削減のため、部屋の広さに対し能力不足なエアコンを設置していることもあります。何畳用のエアコンなのかを確認し、部屋の広さに対し十分なものか判断することが大切です。

エアコン設置・電気工事等を勝手に行うのはNG

エアコンを設置するには以下のような工事が必要です。

  • 壁にビス穴を開ける
  • 貫通スリーブ設置
  • コンセント交換
  • 100V→200V電圧変更
  • 契約電気容量変更・ブレーカー交換

これらの工事は家主・管理会社の許可が必要であり入居者が勝手に行うことはできません。物件の内見時にエアコン設置のための必要項目をチェックした上、入居契約前に家主・管理会社に取付工事が実施できるか確認することが大切です。入居後であっても許可は必要ですので、勝手に工事を行わないようにしましょう。勝手に行った場合、退去時に原状回復費用を請求される可能性があります。

なお、賃貸契約書に「契約期間中の修繕条項」および「設備等に冷暖房設備の記載」がある場合は、エアコン取付費用や電気工事費用などを家主・管理会社が負担してくれる場合があります。エアコン取付の許可を得る時には賃貸契約書内容を確認し、費用負担についても話し合いをすることが大切です。

また、最近はDIYブームで200Vエアコン設置のためにコンセント交換やブレーカー工事を自分でする人がいますが、これらの工事は電気工事士の資格が必要であり素人が行うことは危険です。漏電事故や火災などの原因になりますので絶対に行わないようにしましょう。

まとめ

200Vエアコンのメリットや設置可能な賃貸マンション・アパートの見分け方・設置時の注意点をまとめると以下の通りです。

  • 200Vエアコンは100Vエアコンに比べ電気代はさほど変わらない。
  • 14畳以上の広い部屋では200Vエアコンが必要。
  • エアコン用コンセントが200V用か確認する。
  • ブレーカーが単相3線式かつ30A以上であることを確認する。
  • ブレーカーにエアコン専用回路があるか確認する。
  • エアコンが設置済みの物件はエアコン本体を確認する。
  • エアコン設置・電気工事は入居者は勝手に行ってはいけない。

これらのポイントを入居前に確認することで、入居後に200Vエアコンが使用できず後悔することを防ぐことができます。わからないことがあれば不動産会社・管理会社に200Vエアコンを設置できるか確認することをおすすめします。

大阪で物件を借りるなら初期費用が安いオフ賃貸

仲介料0円

一般的な賃貸仲介サービスで必要な仲介料が0円。初期費用が大幅に安くなります。

キャッシュバック

豊富なキャッシュバックキャンペーンを実施中。仲介手数料無料と合わせてもっとお得に。

家賃減額・条件交渉

家賃・賃料の減額や保証人不要、フリーレントなど条件交渉もお任せ。借主様視点で積極的に交渉します。

大阪以外の賃貸物件もOK

大阪・兵庫・京都など関西圏の物件以外にも全国の賃貸物件をご紹介できます。

来店不要でお部屋探し

出張相談やオンライン内見・IT重説サービスに無料対応。来店不要で内覧・入居手続き可能。

売買・管理もお任せ

中古マンションや収益物件の売買・管理もお任せ。不動産の総合プロデュースサービスを提供します。

オフ賃貸へのアクセス

オフ賃貸は仲介手数料無料&キャッシュバックで初期費用を大幅に安くし、皆様に喜ばれる賃貸サービスを提供しています。大阪を中心に全国物件に対応しています。

タワーマンション等の高級賃貸物件からワンルームアパートまでお客様のご希望に合う賃貸物件をご紹介します。テナント・事務所など事業物件を借りたい方もお任せください。

オフ賃貸にご来店の際は必ずお電話にて来店予約をお取りください。

会社情報オフ賃貸 心斎橋(長堀橋)店
所在地〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-4-1オリエンタル東心斎橋ビル1F-108
電話番号06-7777-0395
営業時間10:00~21:00(定休:水曜日※事前相談で対応可)
最寄り駅
  • 長堀橋駅7番口直結
  • 心斎橋駅5番口から徒歩5分
  • 日本橋駅2番口から徒歩9分
  • なんば駅14番口から徒歩14分
アクセス各駅からのルート・アクセス詳細はこちら