オートロック賃貸物件の選び方|防犯性や宅配・置き配の利便性チェック

>

オートロック賃貸物件

オートロックは自動で鍵が閉まるセキュリティシステムであり、マンション・アパートなど賃貸物件の重要な防犯設備といえます。空き巣やストーカー対策に有効な設備です。都市部に住む場合や女性の方には人気の防犯設備であり、賃貸物件を選ぶ際の人気設備ランキングでも上位を占める機能です。そんなオートロック物件でも、玄関の種類や操作盤の機能によってメリット・デメリットが存在することをご存じでしょうか?スーモやホームズの検索条件にもオートロックはありますが、その機能や防犯性は物件によって全く異なります。

このページではオートロック物件の特徴やチェックポイントを「玄関・門扉の種類」「キーの種類」「オートロック操作盤の機能」に分けてご説明します。マンションやアパートの内見時にオートロックのチェックポイントを確認することで借りてから後悔しないようにしましょう!

※このページでのオートロックとは各戸のドアにおけるオートロックではなく「1Fの集合玄関」のオートロックとなります。

玄関・門扉の種類

オートロックの玄関・門扉には大別して「エントランスタイプ」「ゲートタイプ」の2種類となります。防犯性に重要なポイントですので必ず確認するようにしましょう。

エントランスタイプ(門扉が建物に直結)

オートロックエントランス

エントランスタイプはオートロックの玄関・門扉が建物に直結しているタイプです。マンションのオートロックは主にこのタイプになりエントランスホールの入り口を兼ねています。エントランスタイプは門扉の上・左右が建物の外壁となっているため、侵入されにくく防犯性が高いのでおすすめです。ただし、このタイプでも人が侵入できる隙間がある場合はセキュリティ性が低くなります。物件内見時には門扉と建物に隙間が無いかどうかよく確認するようにしましょう。

ゲートタイプ(門扉が建物から独立)

オートロックゲート

ゲートタイプはオートロックの玄関・門扉が建物から独立しているタイプです。解放廊下式のアパートのオートロックに多く、敷地の外構部に門扉を設置している場合がほとんどです。ゲートタイプは門扉の上から侵入される可能性があり、門扉十分な高さが無いと門扉を飛び越えることができるため防犯性が非常に低くなります。また、門扉部分は十分な高さがあっても外構部分に低い箇所があれば防犯性は低くなります。このタイプのオートロック物件を内見するときは門扉部分だけではなく外構部全般もチェックしましょう。

キーの種類

オートロックゲートを開けるためのキーには種類があります。主な鍵タイプは以下の通りです。

非接触型ICタイプ

非接触型ICキー

部屋鍵内部やカードキーなどにICチップを埋め込み、非接触でオートロックゲートを開けるタイプです。主にタワーマンションなど高級マンションに多いキータイプです。非接触型ICタイプは複製が極めて難しく、防犯性が高いのがメリットです。また、入室時にわざわざ鍵を取り出す手間も省けます。その反面、非接触型キーは製造コストが高く紛失時の再発行料が高額となる場合がある点がデメリットです。

鍵挿入タイプ

ディンプルキー・ディスクシリンダーキー挿入タイプ

オートロックの操作盤に鍵を挿入することでゲートを開けるタイプです。鍵の種類は「ディンプルキー」「ディスクシリンダー」が主流です。ディンプルタイプは複製しにくく比較的防犯性が高いですが、ディスクシリンダータイプは合鍵が作りやすく、またピッキング技術で容易に開けることができるためセキュリティ性能は低くなります。鍵挿入タイプのオートロック物件を選ぶ際はディンプル式なのかディスクシリンダー式なのかは要チェックです。

暗証番号入力タイプ

暗証番号・パスワード入力タイプ

オートロックの操作盤のボタンにて解錠のための暗証番号・パスワードを入力するタイプです。鍵を持たなくても暗証番号を覚えているだけで入室できるため、鍵を忘れて外出した時に締め出しされてしまう事がないのがメリットです。その反面、暗証番号を外部の者に知られたら防犯性は非常に低くなるのがデメリットといえます。暗証番号入力機能は一般的に非接触IC・鍵タイプとハイブリッドで運用されています。

オートロック操作盤の機能

1Fのオートロックゲートに備え付けられた操作盤の機能についてチェックポイントをご紹介します。

呼び出し・解錠機能

呼び出し・解錠機能

オートロック物件で見落としがちなのが、オートロック操作盤の呼び出し・解錠機能の有無です。呼び出し機能とは1階のオートロックゲートから各戸へ呼び出し、会話をしたり各戸から解錠させる機能です。呼び出し機能は来客や宅配業者対応には便利な機能です。

呼び出し・解錠機能は導入費用が高額となることから導入していないマンションは多く存在します。特に、建築後にオートロックを後から導入したマンション(後付けオートロック)には呼び出し・解錠機能が無いケースが多いです。この機能が無いと宅配利用時や来客時の利便性がかなり低下しますので、物件内見時には必ずチェックすることをおすすめします。

カメラ機能

カメラ機能

カメラ機能はオートロックの操作盤に備え付けられたカメラから誰が来訪したのかお部屋内から確認できる便利な機能です。呼び出し機能が音声のみの場合に比べ、カメラ機能があるとセキュリティ性はより向上します。特にストーカー対策には有効な機能です。カメラ機能の有無も入居前に確認したい機能といえるでしょう。

オートロック物件は置き配しにくい!宅配BOXの有無は要チェック

宅配BOX

Amazonなど宅配サービスで置き配を利用される人が増えておりますが、オートロック物件は宅配業者が入れないために置き配は利用しにくい点に注意しなければなりません。賃貸マンションやアパートでの置き配指定は「玄関前」「ガスメーターボックス」を指定される場合が多いですが、これらは部屋の前まで行かないと置くことができません。オートロックの場合、不在ですと配達員がお部屋前まで行くことができないため置き配指定は「宅配BOX」を指定することになります。

通販サイトをよく利用される方でオートロック物件を選ぶ場合は宅配BOXの有無もチェックすることをおすすめします。

オートロック物件を選ぶポイントまとめ

オートロック物件を選ぶポイントをまとめると以下の通りです。

  • オートロック機能は「玄関・門扉タイプ」「キータイプ」「操作盤の機能」に注目する。
  • 門扉と建物の間に人が侵入できる隙間がないかチェックする。
  • 解放タイプ(門扉独立タイプ)はオートロックゲートを飛び越えることができるため防犯性が低い。
  • キーは「非接触型>ディンプルキー>ディスクシリンダー」の順番でセキュリティ性が高くなる。
  • 暗証番号入力による解錠ができる場合は締め出しリスクが低減する。
  • 後付けオートロックには1階から各戸への呼び出し機能が無い場合があるので要チェック。
  • カメラ機能があればさらに防犯性が高まる。
  • Amazonなどで置き配を利用する場合は宅配BOXの有無もチェックする。

上記のポイントを理解することでより良い賃貸物件を選ぶことができるようになります。繰り返しますが、スーモやホームズなどで「オートロック付き」とあるからといって安心してはいけません。入居前・物件内見時にオートロックの内容を確認することが大切です。

大阪で物件を借りるなら初期費用が安いオフ賃貸

仲介料0円

一般的な賃貸仲介サービスで必要な仲介料が0円。初期費用が大幅に安くなります。

キャッシュバック

豊富なキャッシュバックキャンペーンを実施中。仲介手数料無料と合わせてもっとお得に。

家賃減額・条件交渉

家賃・賃料の減額や保証人不要、フリーレントなど条件交渉もお任せ。借主様視点で積極的に交渉します。

大阪以外の賃貸物件もOK

大阪・兵庫・京都など関西圏の物件以外にも全国の賃貸物件をご紹介できます。

来店不要でお部屋探し

出張相談やオンライン内見・IT重説サービスに無料対応。来店不要で内覧・入居手続き可能。

売買・管理もお任せ

中古マンションや収益物件の売買・管理もお任せ。不動産の総合プロデュースサービスを提供します。

オフ賃貸へのアクセス

オフ賃貸は仲介手数料無料&キャッシュバックで初期費用を大幅に安くし、皆様に喜ばれる賃貸サービスを提供しています。大阪を中心に全国物件に対応しています。

タワーマンション等の高級賃貸物件からワンルームアパートまでお客様のご希望に合う賃貸物件をご紹介します。テナント・事務所など事業物件を借りたい方もお任せください。

オフ賃貸にご来店の際は必ずお電話にて来店予約をお取りください。

会社情報オフ賃貸 心斎橋(長堀橋)店
所在地〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-4-1オリエンタル東心斎橋ビル1F-108
電話番号06-7777-0395
営業時間10:00~21:00(定休:水曜日※事前相談で対応可)
最寄り駅
  • 長堀橋駅7番口直結
  • 心斎橋駅5番口から徒歩5分
  • 日本橋駅2番口から徒歩9分
  • なんば駅14番口から徒歩14分
アクセス各駅からのルート・アクセス詳細はこちら