賃貸初期費用を抑える方法、相場や内訳について

>

初期費用を抑える方法

賃貸契約の際に必要となる“初期費用”。

これから一人暮らしを始める人や引っ越しを考えている人には初期費用が

いくらくらいかかるのか、不安に考える人も多いはずです。

そこで、初期費用の相場や内訳・初期費用を抑える方法をご紹介します!

このページの内容を知っておくことでお部屋探しの際に数万円~数十万円もの出費を抑えることができます。

大変メリットのある情報ですのでぜひ参考にしてください!

初期費用の相場・内訳

初期費用と一言でいっても賃貸契約によって様々な項目で構成されています。賃貸契約の初期費用とはどのような内訳で構成されているのでしょうか?まずは初期費用の諸項目やそれぞれの相場についてご説明します。

内訳相場内容
敷金・保証金家賃の1カ月分程度物件を汚損・破損してしまった時に備え原状回復するため原状回復するためのお金として大家さんにあらかじめ預けておくお金。基本的に退去の際、原状回復費用が差し引かれた残金が返還される。
礼金家賃の1カ月分程度物件を所有するオーナーに対してお礼の意味を込めて支払うお金。敷金とは違い返還されない。
前払い家賃家賃の1カ月分程度入居開始月の家賃。月の途中で入居する場合は日割り計算される。
保証委託料家賃+共益費の0.5~1カ月分+税家賃保証会社を利用する場合に発生する。家賃保証会社に対して支払う。最近はほとんどの物件で家賃保証会社を利用することが契約条件となっている。
仲介手数料家賃の0.5~1カ月分+税物件を紹介・入居手続きを仲介した不動産会社に支払う費用。多くの不動産会社は家賃の1カ月分+税に設定している。事業用物件は別の計算式にて設定される場合がある。
火災保険料単身1.5万円、ファミリー2万円程度火災や水漏れ事故に備え加入する火災保険料。保険会社に支払う。
鍵交換費用7,000~23,000円程度入居時に新しい鍵を利用するために必要な費用。鍵の種類などで料金が異なる。
ルームクリーニング費ワンルームで2~3万円+税、2LDKで5~9万円+税お部屋の清掃費用。通常は退去時に支払うが、賃貸契約によっては入居時に支払う場合がある。間取りや専有面積で相場が大きく異なる。
害虫駆除費1~3万円+税お部屋のダニやゴキブリなどの害虫を駆除する費用。
除菌消臭費1~3万円+税お部屋の除菌・消臭作業の費用。

上記のように賃貸契約には様々な費用が発生します。初期費用の総額については「家賃の4~6カ月分」程度が相場といえます。他にも引っ越し費用や家具家電購入費用も必要となるケースがありますので、ご自分の状況に合わせて金額を見積もるようにしましょう。

初期費用を抑える方法

初期費用を少しでも抑えるにはどうすればいいでしょうか?初期費用を安くするための方法として、主に以下の4つがあります。賃貸物件を探す上でこれらの方法を実践することでコストを下げて賃貸契約をすることができます。

敷金・礼金ゼロの賃貸物件を選ぶ

敷金・礼金は初期費用の中でも大きなウェイトを占め、初期費用を抑えるためには敷金・礼金がかからない賃貸物件を選ぶとよいでしょう。特に礼金に関しては後から返還されるものではないので是非とも減らしたいところです。敷金・礼金は交渉によってある程度減らすことができる場合がありますが、大家さんの意向で設定されているため交渉しても減らしてくれない場合もあります。

賃貸物件の中には入居者募集を強くアピールするために敷金・礼金ゼロの物件も多くあります。このような賃貸物件を選ぶことで初期費用を大幅に抑えることができます。ただし、敷金・礼金ゼロ物件は退去時の負担が大きくなる落とし穴がある場合があるので、事前に良く契約条件を確認するようにしましょう。

害虫駆除費や除菌消臭費など不必要なサービスを除くように交渉する

初期費用の見積項目内に「害虫駆除費」や「除菌消臭費」などが入っていた場合はこれらの項目を除くように交渉するのも賃貸初期費用を抑える方法のひとつです。これらのサービスは入居者にとって必ずしも必要なものではなく、不動産会社や管理会社・大家さんの利益向上のためのオプションサービスである意味合いが強いからです。

また、作業内容も専門業者を使うわけではなく市販の殺虫剤を撒いたり除菌消臭剤を散布する程度の事である場合もあります。そのような作業であれば入居者個人でもできますし、作業代金も大してかかりません。

初期費用の項目内に害虫駆除費や除菌消臭費が入っていたら除いてもらうように交渉しましょう。ただし、一部の不動産会社においては不必要なサービスを強制付帯している場合があるため、そもそも不必要なサービスを付けてこない不動産会社を選ぶべきです。

繁忙期ではなく閑散期に賃貸契約をする

賃貸物件の入居需要には月ごとに波があり、以下のように不動産会社が忙しくなる繁忙期と比較的落ち着いている閑散期があります。

  • 1~3月:最も繁忙期。引っ越しシーズンの真っただ中で1年で最も慌ただしい時期。
  • 4~6月:少し落ち着く時期。ただし、1~3月で入居できなかった人や繁忙期を避けて物件探しする人の需要がある。
  • 7~8月:最も閑散期。1年の内で最も落ち着いている時期。
  • 9~10月:1~3月に次ぐ繁忙期。転勤などによる入居需要が高い時期。
  • 11~12月:7~8月に次ぐ閑散期。不動産会社が情報収集に力を入れる時期で物件情報が充実してくる時期。

繁忙期においては入居需要が高い時期であるため、初期費用を安くするための交渉が通りにくい時期です。逆に、閑散期においては物件オーナー側も空室を埋めたいと考える時期であり交渉がしやすい時期といえます。7~8月、11~12月に賃貸物件を探すことで初期費用を抑えられる確率が高まります。ただし、閑散期においては魅力的な賃貸物件は既に入居中となっていることが多いため、希望に合う賃貸物件に出会える確率が低下するのがデメリットといえます。

仲介手数料無料の不動産会社を利用する

仲介手数料無料の不動産会社を利用することは初期費用を抑える方法として最も簡単で有効な方法です。仲介手数料は初期費用の中でも大きなウェイトを占める出費です。不動産会社が自社で所有している賃貸物件などは仲介手数料がかからないことがありますが、そうなると希望に合う賃貸物件を選べる確率が大幅に低下します。初期費用を抑えるためには仲介手数料は削減したいところですが、仲介料は不動産会社にとって「売上の根源」ですので、交渉によって除いて貰うことは難しいでしょう。

昨今、不動産会社の中には仲介手数料を無料としている業者が増えてきています。このような不動産会社を利用すれば初期費用を大幅に安くすることができます。ただし、仲介手数料無料の裏側には落とし穴やデメリットが存在する場合がありますので事前にチェックすることが大切です(仲介手数料無料のからくり)。

オフ賃貸では多くの賃貸物件を仲介手数料無料でご案内することができます。また、キャッシュバック制度を複数用意しておりさらに初期費用を安くすることができます。マンションやアパートなどの居住用物件以外にもオフィスやテナントなど事業用物件もご案内できますのでお気軽にご相談ください。

オフ賃貸へのお問い合わせ

大阪で物件を借りるなら初期費用が安いオフ賃貸

仲介料0円

一般的な賃貸仲介サービスで必要な仲介料が0円。初期費用が大幅に安くなります。

キャッシュバック

豊富なキャッシュバックキャンペーンを実施中。仲介手数料無料と合わせてもっとお得に。

家賃減額・条件交渉

家賃・賃料の減額や保証人不要、フリーレントなど条件交渉もお任せ。借主様視点で積極的に交渉します。

大阪以外の賃貸物件もOK

大阪・兵庫・京都など関西圏の物件以外にも全国の賃貸物件をご紹介できます。

来店不要でお部屋探し

出張相談やオンライン内見・IT重説サービスに無料対応。来店不要で内覧・入居手続き可能。

売買・管理もお任せ

中古マンションや収益物件の売買・管理もお任せ。不動産の総合プロデュースサービスを提供します。

オフ賃貸へのアクセス

オフ賃貸は仲介手数料無料&キャッシュバックで初期費用を大幅に安くし、皆様に喜ばれる賃貸サービスを提供しています。大阪を中心に全国物件に対応しています。

タワーマンション等の高級賃貸物件からワンルームアパートまでお客様のご希望に合う賃貸物件をご紹介します。テナント・事務所など事業物件を借りたい方もお任せください。

オフ賃貸にご来店の際は必ずお電話にて来店予約をお取りください。

会社情報オフ賃貸 心斎橋(長堀橋)店
所在地〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-4-1オリエンタル東心斎橋ビル1F-108
電話番号06-7777-0395
営業時間10:00~21:00(定休:水曜日※事前相談で対応可)
最寄り駅
  • 長堀橋駅7番口直結
  • 心斎橋駅5番口から徒歩5分
  • 日本橋駅2番口から徒歩9分
  • なんば駅14番口から徒歩14分
アクセス各駅からのルート・アクセス詳細はこちら