DKとLDKの違い|定義やメリット・デメリットの比較

>

DKとLDKの違い

お部屋探しの時によく見る“DK”や“LDK”の間取り表示

皆様はDKとLDKの違いはご存じでしょうか?

何となく意味はわかるけどDKとLDKの違いは実はよくわからないという人が非常に多いです

このページではDKとLDKの違いや定義、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します

賃貸マンションやアパートを探す時に役立つ情報ですので是非参考にしてください!

DKとLDKの違い

結論を先に言ってしまいますが、“DK”と“LDK”の違いは“キッチンがある部屋の広さの違い”です。築年数が経っている物件に「DK」という表記が多いため、DKとLDKの違いは“築年数の違い”と勘違いされている方が多いですが、あくまで「広さの違い」です。

不動産業界における広告基準で、DK/LDKの表示基準は以下の通りになっています。

居室(寝室)の数DKLDK
1部屋4.5畳以上~8畳未満8畳以上
2部屋以上6畳以上~10畳未満10畳以上

上記の通り、DKとLDKの違いは「キッチンがある部屋の広さ」と「居室(寝室)の数」で区別されています。わかりにくいと思いますので、それぞれのケースをご紹介します。

※以下、広さの単位は「畳」に統一します。㎡や坪で換算したい場合は「畳(帖)・坪の㎡換算方法および早見表について」をご参照ください。

居室(寝室)が1つの場合

お部屋の間取りが「キッチンがある部屋が1つ」「居室(寝室)が1つ」の場合、「キッチンがある部屋の広さ」が4.5畳以上8畳未満の場合は“1DK”、8畳以上の場合は“1LDK”となります。

尚、キッチンがある部屋の広さが4.5畳未満の場合は“1DK”とは表示されず“1K”となります。

居室(寝室)が2つの場合

お部屋の間取りが「キッチンがある部屋が1つ」「居室(寝室)が2つ以上」の場合、「キッチンがある部屋の広さ」が6畳以上10畳未満の場合は“居室(寝室)の数+DK”、10畳以上の場合は“居室(寝室)の数+LDK”となります。

居室(寝室)の数が2部屋の場合は2DK/2LDK、3部屋の場合は3DK/3LDKと表示されます。ちなみに、居室(寝室)にカウントされないサービスルーム(納戸)がある場合はSDK/SLDKまたはDK+S/LDK+Sと表示されます。

DK・LDKのメリット・デメリット

次にDKとLDKのメリット・デメリットについてご説明します。

DKのメリット・デメリット

DKのメリットは“LDK物件に比べ家賃が安い傾向にある”ことです。最近はキッチン・食堂の広さにこだわる入居者が増えていることからLDK物件の入居需要が高まっています。逆にDK物件は入居需要が比較的低く築年数が経っている物件が多いため家賃が下がる傾向にあります。

逆にDKのデメリットはキッチン周りの広さが狭いことです。キッチン周りには冷蔵庫や電子レンジなどの調理器具やテーブルを置くことが多いためある程度の広さが必要になります。広さが狭くなると窮屈に感じたり、冷蔵庫などの調理器具の大きさが制限されてしまうことがあります。

一人暮らしで食事は居室で取るなどキッチン周りの広さに拘らない人は、家賃が抑えられる傾向にあるDK物件がオススメです。

LDKのメリット・デメリット

LDK物件のメリット・デメリットはDK物件のそれと逆転します。つまり、LDK物件のメリットは「広さがあり多くの調理器具や広めのテーブルが置けること」、デメリットは「家賃が高くなる傾向にあること」です。

二人暮らしやファミリー世帯においては食堂を利用する頻度がおおくなるため、LDK物件のほうが充実した生活を送ることができます。

DK・LDKの定義

これまでDK・LDKの違いや特徴についてご説明してきましたが、そもそもDK・LDKの言葉の定義はご存じでしょうか?

DK/LDKの表示基準は不動産公正取引協議会連合会が定める“不動産の表示に関する公正競争規約(=表示規約)”で根拠として定められています。これは不動産取引において業者が守らなければならないルールであり、拘束力のある決まり事です。

昔の不動産広告は事実と違うものや統一基準がなかったことから消費者が騙されてしまう事例が起こったことから、業界として拘束力のあるルールを制定し消費者を守っています。

参考:不動産の表示に関する公正競争規約施行規則

それではDK/LDKの定義を表示規約を基にご説明します。

まず、DKは「ダイニング・キッチン」の略語であり、表示規約上では

台所と食堂の機能が1室に併存している部屋をいい、住宅の居室(寝室)数に応じ、その用途に従って使用するために必要な広さ、形状及び機能を有するものをいう。

という定義となっています。言い換えれば、「DK=食堂+台所」という意味です。

次に、LDKは「リビング・ダイニング・キッチン」の略語であり、

居間と台所と食堂の機能が1室に併存する部屋をいい、住宅の居室(寝室)数に応じ、その用途に従って使用するために必要な広さ、形状及び機能を有するものをいう。

という定義となっています。言い換えれば、「LDK=居間+食堂+台所」という意味です。

そうすると、表示規約上のDKとLDKの定義の違いは「居間の有無」ということになります。しかし、居間と食堂はどちらも「空間」ですので、使い方次第でどちらの意味にもなります。よって、表示規約上は「台所がある部屋の広さ」でDK/LDKを区別しているのです。

DK物件にはお得なお部屋が多い!

いかがでしたでしょうか。DKとLDKの違いとそれぞれのメリット・デメリットをご理解頂けたかと思います。

DK物件はLDK物件に比べ人気が少なくお部屋探しの選択肢から外している人が多いですが、その分他の部屋や設備の条件が良かったり家賃がお得になっていることがあります。また、DK物件は築年数が経っている物件が比較的多いですが、面積の関係上広さが確保できずにDKとなっている物件もあります。

お部屋探しの際にLDK物件のみを探している人が多いためDK物件に結構いい部屋が空室になっていたりします。そのため、お部屋探しの際はDK物件もチェックすることで希望物件に出会える確率が高まります。

賃貸マンションやアパートを探す時はDK物件も漏れなくチェックすることをおすすめします。

オフ賃貸へのお問い合わせ

大阪で物件を借りるなら初期費用が安いオフ賃貸

仲介料0円

一般的な賃貸仲介サービスで必要な仲介料が0円。初期費用が大幅に安くなります。

キャッシュバック

豊富なキャッシュバックキャンペーンを実施中。仲介手数料無料と合わせてもっとお得に。

家賃減額・条件交渉

家賃・賃料の減額や保証人不要、フリーレントなど条件交渉もお任せ。借主様視点で積極的に交渉します。

大阪以外の賃貸物件もOK

大阪・兵庫・京都など関西圏の物件以外にも全国の賃貸物件をご紹介できます。

来店不要でお部屋探し

出張相談やオンライン内見・IT重説サービスに無料対応。来店不要で内覧・入居手続き可能。

売買・管理もお任せ

中古マンションや収益物件の売買・管理もお任せ。不動産の総合プロデュースサービスを提供します。

オフ賃貸へのアクセス

オフ賃貸は仲介手数料無料&キャッシュバックで初期費用を大幅に安くし、皆様に喜ばれる賃貸サービスを提供しています。大阪を中心に全国物件に対応しています。

タワーマンション等の高級賃貸物件からワンルームアパートまでお客様のご希望に合う賃貸物件をご紹介します。テナント・事務所など事業物件を借りたい方もお任せください。

オフ賃貸にご来店の際は必ずお電話にて来店予約をお取りください。

会社情報オフ賃貸 心斎橋(長堀橋)店
所在地〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-4-1オリエンタル東心斎橋ビル1F-108
電話番号06-7777-0395
営業時間10:00~21:00(定休:水曜日※事前相談で対応可)
最寄り駅
  • 長堀橋駅7番口直結
  • 心斎橋駅5番口から徒歩5分
  • 日本橋駅2番口から徒歩9分
  • なんば駅14番口から徒歩14分
アクセス各駅からのルート・アクセス詳細はこちら